囲碁用語辞典
-目(-もく)
[関連語] -子
地の大きさ、もしくは「-子」と同じように石の数を言い表すのに使われる言葉。「1目」、「2目」と使う。
[格言] 2目の頭、見ずはねよ
→ 「-目」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
石の形 集中講義
完全版
スタディ囲碁 読みを鍛える
究極の絵詰碁
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください