囲碁用語辞典
味(あじ)
ある石に対して何か手のありそうな、もしくは後から何か手が発生しそうな少し危ない感じのこと。
[用例] この1子は抜いておかないと、が悪すぎて怖い
→ 「味」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
星空のカラス 7 日々碁席
ほっこり碁会所ものがたり
囲碁AI時代の
新布石法
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください