囲碁用語辞典
勝手読み(かってよみ)
相手の応手をしっかり考えずに、自分に都合のいい手順を読むこと。
[用例] 出切って戦えると思ったのは勝手読みだった
→ 「勝手読み」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
万波姉妹の
ぐんぐん強くなる囲碁Q&A
13路盤でめざせ初段 星空のカラス 6
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください