囲碁用語辞典
眼あり眼なし(めありめなし)
[関連語]
攻め合いの関係にある2つの石の、一方には眼があり、もう一方には眼がない状態を指す言葉。眼がある方に攻め合いが有利になることが多い。次の図は、ダメの数が黒白共に2つずつだが、この形は黒から打っても攻め合いは勝てずセキにもならない。
→ 「眼あり眼なし」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
天頂の囲碁5 黒しろ恋模様
イケメン俺様部長と
囲碁ガールの恋。
ヒカルの囲碁入門
実戦編
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください