囲碁用語辞典
見合い(みあい)
[英語] miai
2つの打ちたい場所の内、一方を相手に打たれたらその反対のもう一方を自分が打ってうまくいく状態のこと、もしくはそのような関係にある2つの打ちたい場所のこと。次の図の黒は、[A][B]のどちらかに打てれば生きることができ、今すぐ手を入れないといけないわけではない。こういった状態を、黒は[A]に打つ手と[B]に打つ手を「見合い」にして生きていると言う。囲碁は一手ずつ交互に打ち進めるゲームなので、この概念が重要になることが多い。
→ 「見合い」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
囲碁AI新時代 碁を打つ女 お悩み天国〈2〉
治勲の爆笑人生相談室
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください