囲碁用語辞典
中手(なかで)
相手が手を入れると2眼できるひと塊の相手の地の中に打って1眼にする手のこと。次の図のような中手は「3目中手」と呼ぶ。
→ 「中手」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
よんろのご 黒しろ恋模様
イケメン俺様部長と
囲碁ガールの恋。
甘ラブ第2局!!
星空のカラス 4
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください