囲碁用語辞典
置き碁(おきご)
[関連語] 自由置き碁, -子局
実力差を埋めるために、片方がすでに石をいくつか盤上に置いた状態から始める対局のこと。正式な置き碁には、置き石の数ごとに決められた初期配置がある。次の図は「4子局」開始時の盤面。ここから上手である白の先番で始める。コミは設定しないことが多い。
→ 「置き碁」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
石の効率が
ぐんぐん良くなる本
世界一やさしい
手筋と詰碁
基本手筋事典
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください