囲碁用語辞典
三コウ(さんこう)
[英語] triple ko     [関連語] コウ
盤上に3つコウができて、そのコウをお互いが順番に取り続けると、いつまで経っても対局が終らないので、そのような場合は双方の合意をもって対局を無勝負とすることがあり、これを「三コウ」と言う。単に盤上に3つコウができただけの場合を指すわけではない。発生することは極めてまれ。次の図はよっぽどのことがない限りお互いに譲れない形なので、三コウ無勝負になる可能性が高い。本能寺の変の直前に織田信長が観戦していた対局に現れたという伝説があり、そのため不吉の前兆と言われることがある。
→ 「三コウ」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
囲碁AI時代の
新布石法
棋士
マイケル・レドモンド
新ポケットヨセ200
終盤の底力!
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください