囲碁用語辞典
裾空き(すそあき)
隅や辺の地に相手が横側から侵入する手が残っている状態のこと。次の図の黒の地のような状態。
[格言] 裾空き囲うべからず
→ 「裾空き」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
張栩の実戦に学ぶ
コウの考え方
星空のカラス 5 石の形 集中講義
完全版
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください