囲碁用語辞典
手入れ(ていれ)
放っておくと相手から何か手がある状態の自分の地に、それを防ぐための手を打つこと。
[用例] 右上隅の黒は、ダメが詰まると手入れが必要になる形だ
→ 「手入れ」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
碁を打つ女 お悩み天国〈2〉
治勲の爆笑人生相談室
棋士
マイケル・レドモンド
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください