囲碁用語辞典
手止まり(てどまり)
ヨセの直前やヨセの局面での、最後の大きな手のこと。この後は小さい手しか残っていないため、ここに回れることは重要。
→ 「手止まり」の用例をGoogleで探す
↑ 囲碁用語一覧
星空のカラス 1 ヒカルの囲碁入門
実戦編
19路盤は怖くない
悩み解消! 12のポイント
「囲碁用語辞典」は、囲碁で使用される専門用語を集めたオンライン辞典です。 テレビの囲碁番組や棋書の理解にお役立てください